建築士 建築設備士 建築施工管理技士 建築設備士 型わく支保工の組立てなどの資格概要

二級建築士

二級建築士

将来の一級建築士を目指すための基礎となるべき資格です。業務範囲は大規模な建物は扱えないが500平方メートル以下の一般建築物に限られる。しかし主に木造や軽量鉄骨であるため、構造は一級建築士などが扱うものとはことなり、2級建築士なりの特殊性がある。設計から工事の監理までする。一級でなくても、立派に独り立ちしていける資格と考えられる。
試験は都道府県知事に代わって下記のセンターが行っている。

受験資格

資格試験は次のいずれかに該当すれば受験できます。
大学か高専の正規の建築に関する課程を卒業した者
大学か高専の正規の土木に関する課程を卒業したのち、建築に関して1年以上の実務経験を有する者
高校の正規の建築または土木に関する課程を卒業したのち、建築に関して3年以上の実務経験を有する者
建築に関して7年以上の実務経験を有する者
その他都道府県知事が特に認める者

試験科目

学科の試験]

学科(建築計画)、
学科(建築法規)、
学科(建築構造)、
学科(建築施工)の4科目で五肢択一式

[設計製図の試験]

  • 学科の試験の合格者のみ。課題は事前に発表される(6月中旬)
  • 申込期間4月1日〜6日(インターネットによる申込み機関)
  • 4月9日〜13日の5日間(受付場所による申込み期間)(平成19年)

試験日 

学科試験(平成19年)7月1日(日)

設計製図9月16日(日)

試験地 全国47都道府県の指定会場

受験料15100円

願書入手方法 住所地の都道府県建築士会から入手する

申込方法

受験料を所定の振替用紙で郵便局から払い込む。その払込受付証明書を受験申込書にはり、必要書類を添えて、建築士会が指定するところへ提出する

合格発表

  • [学科の試験]8月28日ごろ
  • [設計製図の試験]12月6日ごろ       (平成19年)

合格率

  • [学科の試験]37.3%(受験者31.238名、合格者1川40名)
  • [設計製図の試験]55.8(受験者16朋4名、合格者9,451名)
  • [総合]25.4%(受験者37,145名、合格者9,451名)(平成18年)

問合せ先

  • 建築技術教育普及センター
  • 〒104−0031東京都中央区京橋2−14−1
  • 03−5524−3105(URL)http://www.jaeic.jp/
  • または都道府県建築士会
  • 試験合格後、都道府県知事の免許を受ける。

受験参考書籍・電子書籍・合格講座

*** 資格・検定の参考書と電子書籍 揃ってます ***

powered by Quick Homepage Maker 4.10
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional