建築士 建築設備士 建築施工管理技士 建築設備士 型わく支保工の組立てなどの資格概要

基礎施工士

トップ

基礎施工士

受験資格

  • 下記の学歴と一定の実務経験が必要となる ただし前者は指定学科を卒業した者・( )内は指定学科以外を卒業した者の経験年数を示す
  • 実務経験のみ、8年以上の者
  • 新制高等学校・旧制中学校または旧制実業学校甲種を卒業後、3年6カ月以上の実務経験者(5年6カ月以上)
  • 短期大学・5年制高等専門学校または2年制専門学校を卒業後、2年6カ月以上の実務経験者(3年6カ月以上)
  • 新制大学または旧制大学を卒業後、−年6カ月以上の実務経験者(2年6カ月以上)
  • ※指定学科とは、土木工学(農業土木・鉱山土木、森林土木、海洋土木を含む)、建築学、機械工学・都市工学、建設学・建設基礎工学、電気工学、地学、地質学、資源工学、衛生工学・交通工学、安全工学、環境保全工学、計測工学、をさす

試験内容

  • 択一式と場所打ちコンクリート杭工事の経験を主とした記述式による学科試験
  • 設計 
  • 土質
  • 労働安全衛生法令
  • 環境法令(騒音、振動など)
  • 主材料 
  • 施工

申し込み期日

9月上旬〜10月中旬

試験期日

11月中旬

試験地

東京、名古屋、大阪、広島、福岡

受験料

15,000円(税込)

試験対策

公式テキスト講習会(詳細は問い合わせ先へ)

問合わせ先

  • (社)日本基礎協会
  • 〒104−0032東京都中央区八丁堀4-14-7第1中央ビル705
  • :03-3551-7018
  • URL:http://www.kisokyo.or.jp/

powered by Quick Homepage Maker 4.10
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional