建築士 建築設備士 建築施工管理技士 建築設備士 型わく支保工の組立てなどの資格概要

木造建築物の組立て等作業主任者

木造建築物の組立て等作業主任者

  • 取得方法
  • 都道府県労働局長の登録を受けた機関・団体の行う技能講習を修了したのち、修了試験に合格する
  • 講習は(社)日本鳶工業連合会、建設業労働災害防止協会など複数の機関で行われるが、(社)日本鳶工業連合会の場合は以下のとおり

受講資格

  • 木造建築物の構造部材の組立て、またはこれに伴う屋横下地もしくは外壁下地の取付け作業に3年以上従事した経験をもつ者
  • 大学・高専または高校で、土木・建築学科を専攻し卒業した後、2年以上構造部材の組立て等の作業に従事した経験をもつ者
  • 職業能力開発促進法にもとづく−定の訓練修了後、2年以上の実務経験のある者

講習内容

  • 木造建築物構造部材の組立て、屋根下地の取付け等に関する知識:主要構造部分の工法・建て万作業の方法および順序 ほか
  • 工手用設備・横械・器具・作業環境等に関する知識:工事用設備および機械の取扱い、墜落防止のための設備、落下物による危険防止のための措置ほか
  • 作業者に対する載育等に関する知識:作業標準、災害発生時における措置ほか
  • 関係法令:労働安全衛生法・労働安全衛生法施行令・労働安全衛生規則およびクレーン等安全規則中の関係条項
  • ※ただし、職業能力開発促進法による所定の資格をもつ者(型わく支保工の組立て・足場の組立て・鉄骨の組立て等作業主任者技能講習を修了した者)は講習科目の一部が免除される

講習期日 

年1回程度実施
                      

開講地

機関・団体が認可を受けた都道府県労働局管内

受講料

10000円(別にテキスト代1600円。各税込)

問合わせ先

  • 都道府県労働安全基準部安全課、労働基準監督署または(社)日本鳶工業連合会
  • 〒105-0011
  • :03-3434-8805

powered by Quick Homepage Maker 4.10
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional