建築士 建築設備士 建築施工管理技士 建築設備士 型わく支保工の組立てなどの資格概要

特殊建築物等調査資格者

特殊建築物等調査資格者

次のいずれかに該当する者は受講資格がある。ただし、次の〜は建築・土木・機械・電気等の課程を修了し、卒業後の実務経験は建築に関するものに限る

受講資格

  • 上記課程の大学卒業後、実務経験2年以上
  • 上記課程の3年制短大卒業後、実務経験3年以上
  • 上記課程の2年制短大卒業後、実務経験4年以上
  • 上記課程の工業高校卒業後、実務経験7年以上
  • 建築に関する実務経験11年以上
  • 建築行政に関する実務経験2年以上
  • 消防吏員として火災予防業務の実務経験5年以上
  • 甲種消防設備士として実務経験5年以上
  • 防火対象物点検資格者として実務経験5年以上
  • 上記からまでと同等以上の学歴か実務経験がある
  • 既認定資格者(特殊建築物等調査資格者

講習科目

  • 建築基準法令の構成と概要
  • 建築学概論
  • 特殊建築物等定期調査制度総論
  • 特殊建築物等の維持保全
  • 建築構造、
  • 防火・避難
  • その他の事故防止
  • 特殊建築物等調査業務基準
  • 修了考査

申込期間

6月下旬から各会場の開催日3週間前

受講日

9月下旬〜12月上旬の4日間

受講地

東京、名古屋、大阪、福岡

受講料

一般 47,000円 (平成19年度)

受験願書入手方法

  • 都道府県庁、全国主要市(区)役所建築課、全国各地建築士会、建築士事務所協会などから入手する。
  • 郵送希望の場合は、返信用封筒(80円切手、宛先明記)を同封して下記の協会へ請求する

申込方法

受講料を所定の払込用紙で払い込み、その払込受付証明書を申込書に添付し、必要書類を添えて下記の協会へ郵送する

合格発表

1月下旬

合格率

公表していない

:問合わせ先

  • (財)日本建築防災協会
  • 〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-3-20 虎ノ門YHKビル
  • :03-5512-6451

受験参考書籍・電子書籍・合格講座

*** 資格・検定の参考書と電子書籍 揃ってます ***

powered by Quick Homepage Maker 4.10
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional